メニュー

入院のご案内

入院のご案内

当院は、主に慢性期の看護・介護やリハビリテーションを中心とした維持期の医療を担う病院で急性期病院・地域のかかりつけ医や診療所・介護施設・在宅支援に関る多職種と連携を図り、地域完結型の医療を目指しています。
全病床数は132床で、回復期リハビリテーション病棟が40床・医療療養病棟が92床となります。医療療養病棟は在宅復帰機能強化型となっています。

回復期リハビリテーション病棟では、多職種が共同でリハビリテーションプログラムを作成し、在宅復帰を目指します。リハビリテーション以外の時間帯も担当看護師が生活リハビリを実施しています。

医療療養病棟では、医療的処置が必要な方・介護者の負担軽減のための入院等を受け入れしています。褥瘡や潰瘍のある方には、定期的に専門医が診療を行い、栄養サポートチームと協力して治療を行っています。

回復期リハビリテーション病棟・医療療養病棟ともに、自宅退院の患者様に対してセラピストが自宅訪問をし、家屋評価を行い必要があれば住宅改修の提案や環境設備のアドバイスをしています。また、看護師・介護士は、自宅介護方法の指導を行い、安心・安全に在宅生活ができるよう支援をしています。
患者様・ご家族様に寄り添った看護・介護・リハビリテーションが提供できるように努めています。