新年の餅つき大会  2019/01/21

1月9日(水)の午後より、当院にて餅つき大会を開催致しました。
患者様にも餅をついて頂き、その後つき立てのお餅を皆様、
美味しそうに召し上がっておられました。
また、今年は職員手作りの獅子舞で演舞を披露しました。
昔から獅子舞に噛まれると悪魔祓い、疫病退治の意味があるため、
皆さん頭を噛んでもらい厄払いをして頂きました。
今年も患者様にとってより良い一年となりますように
職員一同願っております。

 
1月25日(金)1月26日(土)合同就職説明会のお知らせ   2019/01/17

平成31年1月25日(金)26日(土)
両日とも10:00 〜 15:00
医療法人社団 栄宏会・社会福祉法人 栄宏福祉会の合同就職説明会を開催します。

お仕事をお探し中の方、病院や介護施設等のお仕事にご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非お声掛けください。見学・説明だけの方も大歓迎です。

お気軽にお立ち寄りください。

 
クリスマス会2018を開催しました  2019/01/08

昨年12月19日(水)の午後より、当院リハビリ室にてクリスマス会を開催しました。
患者様によるハンドベルの演奏やカラオケ大会、リハビリスタッフによる
余興やゲームで大変盛り上がりました。今年は例年になく多くの家族様にも
足を運んで頂け、患者様と一緒に楽しんで頂けたようでした。
来年もより一層楽しんで頂けるようなイベントを行っていきたいと思います。

 
2019年が始まりました  2019/01/07

明けましておめでとうございます。2019年が始まりました。
昨年は災害が多く、一年を表す漢字は「災」でしたが、
今年は患者様とその家族様が、今年を表す漢字を「満足」の
「満」と言って頂けるよう土井病院の職員は一丸となって
邁進していきます。
本年も宜しくお願い致します。

 
入院時訪問について  2018/12/19

当院リハビリテーション病棟では、入院時訪問を実施しております。
入院時訪問とは、患者様が入院されてから7日以内にリハビリスタッフが
患者様の自宅へ訪問し、自宅の環境を把握させて頂いています。
入院時訪問を実施することにより、入院早期から自宅環境および生活様式を
多職種で情報共有することができ、リハビリの目標や内容がより具体的になります。
少しでも患者様が快適に自宅で生活できるよう、退院後に合わせた
リハビリの提供が早期に行えるように努めさせて頂いています。

 
手のリハビリ機器も導入しています。  2018/12/17

当院の作業療法では、Muro Solution(ミューロ ソリューション)という
機器を手のリハビリに活用しています。脳卒中の後遺症により麻痺のある手に
電気刺激を与えて、筋肉の動きを補助しながら手の運動を行います。
最近は、手の装具も併用し電気刺激を与えながらリハビリをすることで
より効果が高まると言われており、装具も利用しながらリハビリを
行えるように取り組んでいます。

 
3病院言語聴覚士合同勉強会を開催しました  2018/12/08

11月25日(日)に栄宏会からは土井病院、栄宏会小野病院、双葉会からは
西江井ヶ島病院の言語聴覚士が一堂に会し、合同勉強会を栄宏会小野病院講義室で
開催しました。失語症の患者様の評価やパーキンソン病の患者様に対する支援に
ついてグループに分かれて討論し、発表しました。3病院の言語聴覚士が集まって
勉強会を行うことで、とても良い刺激になりました。今後も患者様へより良い
リハビリテーションを提供するために一丸となって頑張っていきたいと思います。

 
日増しに寒さが加わってまいりました  2018/11/14

もうすっかり秋になりましたね。いちょうの木もきれいに色づきました☆

 
褥瘡ポジショニングチームの活動  2018/11/09

リハビリテーション科には、「褥瘡(じょくそう)=床ずれ」の予防と治癒を目的とした
活動を行うチームがあります。それが、「褥瘡ポジショニングチーム」です。
ポジショニングとは、患者様の体とベッドとの圧迫が一か所に集中しないように
することで、床ずれの予防、治療を目的として行います。チームのメンバーは
理学療法士3名、言語聴覚士1名で構成されています。チーム活動は、病棟での
ポジショニングの実施状況の巡視およびスタッフへの指導や巡視結果の報告、
ポジショニング方法の検討を行っています。今後も各患者様に合わせた
ポジショニングを実施・検討し、褥瘡の予防と治癒に貢献できるよう活動していきます。

 
Honda歩行アシストを導入しています!  2018/11/02

リハビリテーション科では、理学療法の歩行練習にHonda歩行アシストという
機器を導入しています。内臓センサーが足の動きを検知し、歩く時の足の動きを
手助けしてくれる機器であり、脳血管障害により足に麻痺がある患者様の歩行練習や
骨折された後の歩行練習に積極的に使用しております。歩行アシストの使用による
歩き方や歩行スピードの改善効果が得られています!

menu前ページ次ページ

- Topics Board -