劇団!土井OT!  2019/06/24

リハビリテーション科では、作業活動や運動などを用いたレクリエーションを月に一度実施しております。
今回は、6月12日に作業療法士(OT)と新入職員による浦島太郎の劇を行い,リハビリテーション室で大勢の患者様に観覧して頂きました。
スタッフによる手作りの劇でしたが、患者様から「楽しかった」「面白かったよ」などの感想を頂きました。
予期せぬ入院生活が続く中で、レクリエーションを通じて少しでも楽しんだり笑ったりしていただける機会になるよう、スタッフ一同、一生懸命演じました!
今後も患者様が前向きに明るく、楽しくリハビリに参加していただけるよう日々取り組んでいきます。

 
乗り移り介助の講習会を行いました  2019/06/14

6月11日に理学療法士と作業療法士が病棟の介護士に、乗り移りの介助方法の講習会を行いました。
患者さんが楽に安心して車椅子に乗れるように、また介護業務による腰痛予防を目的に行いました。
患者さんのケアを行う際、どうすれば患者さんや自分たちの身体に負担がかからないように楽に乗り移りが出来るかを学びました。
患者さんに安全・安心な入院生活を送って頂くために、また自分たちの身体を守るために日々研鑽していきたいと思います。

 
端午の節句  2019/05/24

新緑も深まり過ごしやすい季節になってきました。散歩中の患者様や来客の皆様に
そのような季節感を味わっていただけるように、今年も鯉のぼりをあげました。
また、5月の節句ということで、リハビリテーション科では、患者様に新聞紙で
カブトと棒を作って頂き、風船割のレクリエーションを行いました。
大きく手を挙げ風船を割って頂くことで、手の運動やストレスの解消を目的に
参加して頂きました。参加された皆様は笑顔で楽しんでおられました。

 
2019年度 リハビリテーション科始動しました!  2019/04/30

リハビリテーション科は、4月より理学療法士20名、作業療法士18名、
言語聴覚士10名、助手1名、デイケアセンターは理学療法士8名、
作業療法士1名の新体制となって始動しました。
今年度は、地域のリハビリテーション中核病院および在宅支援病院として、
地域リハビリテーションの一翼を担い、責任と誇りを自覚し、
患者様の療養生活・在宅復帰、利用者様の在宅生活を支援することを目標に頑張っていきます!

 
2019年度 リハビリテーション科新入職員研修会  2019/04/15

4月10日から3日間、栄宏会、双葉会リハビリテーション科
新入職員合同研修会が行われました。
総勢15名の新入職員は、期待と不安が入り混じったような
緊張した面持ちで、社会人としての基本的な接遇などの講義を
受けました。まだセラピストとしてスタート地点に立ったところですが、
これから社会人として、セラピストとして、また一人の人間として
成長していってもらいたいと思います。

 
☆桜満開です☆  2019/04/09

最近、春の日差しが心地よくなってきましたね☆土井病院の桜も満開になりました。これから、寒が戻る日もあるようですがご体調をくずさぬよう、お気をつけてお過ごしください。

 
回復期リハビリテーション病棟協会 第33回研究大会in舞浜・千葉にて発表してきました!  2019/03/17

今年の学会テーマは「宣言。科学と情熱。」であり、リハビリテーションの
効果について様々な発表が行われておりました。当院での取り組みも発表し、
ご意見をいただき、貴重な経験となりました。今後も学会発表や学会での
講演を聴講し、日々のリハビリテーションに活かしていけるよう頑張って
いきたいと思います。

 
ウォークエイドについて  2019/03/12

当院リハビリテーション科では、歩行訓練の際にウォークエイドを使用しています。
ウォークエイドとは、運動麻痺等による障害で足首周囲の弱った筋肉に対して、
電気刺激によって筋肉を収縮させ、回復を促す医療機器です。
歩行時につまずき易くなった、動き難くなった足首に対して、電気の力を借りて
助けることでつま先が引っかからなくなり、歩き易くなります。
当院でも脳卒中の患者様に使用することでつまずきが改善し、
歩き易くなったという声もよく聞かれます。また、自分で動かせない筋肉を
補助してくれるために筋肉を動かす練習ができます。

 
装具カンファレンスを行っています  2019/02/21

脳卒中で足に麻痺がみられた際に、麻痺の回復を促す手段の一つとして
装具があります。麻痺が軽い場合であれば、短い装具(足先から膝まで)、
麻痺が重度であれば長い装具(足先から太ももまで)が作られます。
また、装具はプラスチックのものや金属のものなど種類が多く、
麻痺の状態に応じた装具の選定が重要となります。
そのために、リハビリテーション科では装具カンファレンスを行い、
装具チームの理学療法士と担当の理学療法士で話し合って
患者様に最適な装具を選定しています。

 
新年の餅つき大会  2019/01/21

1月9日(水)の午後より、当院にて餅つき大会を開催致しました。
患者様にも餅をついて頂き、その後つき立てのお餅を皆様、
美味しそうに召し上がっておられました。
また、今年は職員手作りの獅子舞で演舞を披露しました。
昔から獅子舞に噛まれると悪魔祓い、疫病退治の意味があるため、
皆さん頭を噛んでもらい厄払いをして頂きました。
今年も患者様にとってより良い一年となりますように
職員一同願っております。

menu前ページ次ページ

- Topics Board -